2017-03-01

Medoly Ver. 2.9.5, 2.9.6

2017-02-27 Ver. 2.9.5

- プロパティリスト、再生履歴ダイアログリストの見出しを固定
- プラグインメニューを折り畳みリストに変更
- 行内に複数の時間進行が混在する同期歌詞に対応
- 電話ステータス取得権限を削除
- オーディオフォーカスイベント、ヘッドセットイベント見直し
- 一部ダイアログ修正
- notification一部修正
- スクロール処理一部修正
- LRC読み取り処理修正
- その他いくつかの問題修正




プロパティリスト、再生履歴ダイアログリストの見出しを固定



プロパティタブのリストおよび再生履歴ダイアログの見出しにおいて、区切となる見出しが上部に固定されるようにしました。上部に固定される見出しは現在表示している内容に対する見出しで、下部にスクロールしていくと見出しが切り替わります。これは、 StickyListHeadersListView を用いています。



プラグインメニューを折り畳みリストに変更


プラグインのメニューを折り畳み式に変更しました。これは、メニュー内容増えた際にスクロールするのが煩わしかったからです。今後もいくつかプラグインを追加していきたいので、それに備えたという理由もあります。
このメニューの操作は次の通り。
  • アプリアイコン部をタップすると、プラグインが起動します。
  • チェックボックスの切替えをすると、イベントアクションの有効/無効を切り替えます。
  • アプリ名をタップすると、メニューの開閉をします。
  • どこでもいいので長押しすると、該当アプリに関するダイアログを表示します。




行内に複数の時間進行が混在する同期歌詞に対応


これは実にマニアックな機能です。例えば、タイムタグ歌詞において以下のように、1行の中に先頭から末尾に向かって増えていく時間が途中で逆転している歌詞が存在するとします。

[00:01:00]a[00:02:00]b[00:03:00]c[00:04:00]d[00:02:50]e[00:03:50]f[00:04:50]

従来の場合、「先頭から再生時間以下の最大時間までの範囲」の文字に対して再生中を示す色が塗られていました。そのため、2.5秒の再生地点ではa-eの範囲、3秒の再生地点では、a-cの文字が再生中となるという逆転が起こりました。今回の変更によって、3秒地点ではa-cとeが再生中となり、d(=00:04:00地点)は未再生扱いとなります。
該当する歌詞を見かけることは少ないと思いますが、実際にこういった歌詞は存在しますし、作れます。なお、タイムタグ仕様書では、「タイムタグの逆転はあってはならない」と定義しているので仕様範囲外なのですが、まぁ実装できるし、面白いので。LRCフォーマットでも問題ありません。
余談ですが、この対応には歌詞の読取処理を大きく変える必要がありました。その処理は他に比べて負荷がやや大きくなり、消費電力の増加が懸念されたため、その処理が適用されるのは時間の逆転がある行のみとなっています。他は従来通りです。



電話ステータス取得権限を削除


少し前、GoogleからAndroidアプリ開発者に向けて、「[要対応] Google Play デベロッパー ポリシー違反に関わる警告」というメールが届けられました。この内容は、「ユーザの個人情報を読み取る権限を要求するアプリは、Webとアプリ内にプライバシーポリシーを明記しなさい」といった要請が書かれていました。対応期限は3月15日まで。
本アプリでは以前まで、「android.intent.action.PHONE_STATE」(通話状態の読取)という権限を要求していました。この権限があると、電話の着信や発信の状態に加え、電話番号を読み取ることができるため、これが引っかかっていた模様です。
そもそもこの権限は、着信があった際に再生を停止させるためのものでした。私自身は、他人の電話番号なんかにこれっぽっちも興味はありません。そもそもこのアプリ、(今のところは)ネットワーク接続権限が無いですし。個人的には発信・着信はもっとゆるい権限で対応してほしいのですが…。
この要請への対応は2種類ありました。1つはきちんとプライバシーポリシーを掲げること、もう1つは、該当の権限を削除すること。私は後者を選択しました。理由としては、通話状態の検出は代用手段(オーディオフォーカスの切替)で対応できそうだったこと、こういう個人情報に結びつく権限は後々また面倒臭い対応を迫られると予想されること、プライバシーポリシーはアプリ上で目立つように表示しなくてはいけない(恐らく、起動時のダイアログ等)のが鬱陶しかったこと、等が挙げられます。
まぁついでに、せっかくなのでプライバシーポリシーも作成してみました。多分こんな感じで良いのではないかと思います。

余談ですが、このGoogleの方針に従うなら、3/15以降にほとんど更新されていない怪しいアプリが一気に消失するのではないかと思います。



オーディオフォーカスイベント、ヘッドセットイベント見直し


上記の電話ステータス取得権限にも関わるのですが、端末のイベント処理を少し見直しました。具体的には、オーディオフォーカスの変化、ヘッドセットの接続/切断時の動作です。

  • 通話状態の監視は廃止し、オーディオフォーカスの処理に統合しました。
  • ヘッドセットおよびBluetoothの接続/切断イベントを統合しました。
理由は、通話状態の監視を廃止しなければならなかったことと、設定が多すぎて、普通の人に把握が困難であると思われたためです。恐らく、この2種類があれば通常の用途では問題ないと思います。
ちなみに、これを直している最中に、再生開始時のオーディオフォーカス取得が実行されていなかったバグを見つけました。一体いつから…。



一部ダイアログ修正


ダイアログ周りを一部見直しました。あと、Aboutダイアログの中身を少し整理しました。



Notification一部修正


画面上の通知バーに表示される通知の内容で、Android 7.0でアイコンがずれていたのを直しました。これはとりあえずの応急処置です。次のバージョンで見直します。



スクロール処理一部修正


再生画面のプロパティリストで、スクロールがすぐ戻されてしまう問題等の修正です。



LRC読み取り処理修正


LRCフォーマットファイルにおいて、時間が正しく読み取れない場合がある問題を修正しました。一番最初に作ってからずっと手を加えてないはずなので、多分最初から存在するバグです。ちなみにこれは、HUAWEIのP9 Liteという端末に初期状態で保存されている「Dream_It_Possible」という曲に付属されているLRCファイルへの対応です。具体的に言うと、ミリ秒が無いタイムタグの読み取り処理を直してます。




歌詞の影の設定追加


すいません、これ書くの忘れてました。以前のバージョンで歌詞の文字をアウトライン文字に変更しましたが、以前の影表示タイプにも変更できるようにしました。これはユーザ様からの要望です。
メイン画面 - 表示タブ - 表示スタイルにある「外観」タブで切り替えることができます。




その他いくつかの問題修正


その他細かい部分を色々直してます。検索画面のストレージタブを開くとにトップまで戻されてしまう問題とか、プラグインのイベントが動いてなかった問題とか、その他諸々。



2017-03-01 Ver. 2.9.6

- アプリ終了時に状態が保存されない問題修正
- ストレージ書込み権限が取得できない問題修正




アプリ終了時に状態が保存されない問題修正


画面の「アプリ終了」よりアプリを停止すると、状態がリセットされてしまう問題を修正しました。これは、状態が保存がされていなかったのではなく、最後にクリアされた状態が保存されてしまったためです…。
  


ストレージ書込み権限が取得できない問題修正 


Android 7.0でストレージの書込み権限が取得できなくなっていた問題を修正しました。この問題は6.0では起こらなかったような…。


0 件のコメント:

コメントを投稿