2015-05-29

Medoly Twitter Plugin リリース

Medolyで再生している音楽情報をTwitterに送信する「Medoly Twitter Plugin」を公開しました。

使い方は簡単で、アプリを起動した後、「Twitter認証」ボタンを押して、指示に従ってTwitterの認証を完了させてください。(もちろん、Twitterアカウントがある事が前提です。)

認証が完了すると、Medolyで再生している情報が自動的にツイートされるようになります。

送信のタイミングは、デフォルトでは「再生中」イベントのタイミングです。「再生中」イベントのタイミングは、Medoly本体側の設定画面から設定できます。デフォルトは曲の再生を開始して30秒後です。曲を停止すると再生時間はリセットされます。再生を再開した場合、そこから30秒後に再びイベントが発生します。とりあえず、「再生開始」のタイミングでも送信できますが、曲を頻繁に切り替えるザッピング再生みたいな事やってると、その都度ツイートされてしまうためあまりお勧めはしません。

メッセージの内容は「メッセージ編集」 ボタンより変更することができます。Medolyのプロパティとして取得できる情報は全てメッセージに入力できますが、加工されていない生データが送信されてますので、使い物にならないデータが多数含まれています。そこら辺は要望があれば何とかしますが、とりあえず放置です。大体、曲のタイトルとアーティストとアルバムの名前があればいいでしょ?っていうぐらい。プラグインのサンプルモデルみたいな 代物なので、実装は割と適当です。

メッセージ編集で、各データには「優先度」が設定できます。「優先度」とは、140文字の文字数を超過した場合に関係します。140文字を超過した場合、優先度の低い順に文字が削られていきます。「省略可」にチェックが入っている場合、文字数を超過した分だけ、途中で省略します。未チェックの場合、文字数に収まらない場合は全て消去されます。例えばID等の、省略すると意味を為さない項目はデフォルトで省略可のチェックが外れています。

例えばTwitterの文字上限が20文字だったとして、優先度が「タイトル, アルバム名, アーティスト名」の順で、フォーマットが「タイトル - アーティスト名 / アルバム名」のようになっていると、「タイトル - アー... / アルバム名」 のように省略されます。アーティストの省略可チェックが外れていると、「タイトル - / アルバム名」のようになります。ちなみに、フォーマット中に直接書かれた文字は省略されません(それだけで140文字を超過しない限りは)。

文字数上限をオーバーさせないための施策なので考えるのが面倒臭いですが、普通は標準の状態をそのまま使っていただければ良いと思います。

ところでこのアプリ、Ver. 1.0.2で一旦別アプリとして公開し直してます。理由は、Googleに公開停止を食らっているためです。理由を問い合わせたところ、アイコンがマズかったらしいです。Twitterのガイドラインに抵触してたと思われるので、アイコンを再加工して、別アプリとして再公開しています。



 
ちなみに、このようなプラグインを開発したということは、Twitter上のどこかに私のTwitterアカウントが存在するわけですが、その存在についてはあまり気にしないでください…。



0 件のコメント:

コメントを投稿