2014-12-22

Medoly Ver. 1.8.0

1ヶ月ぶりぐらいのバージョンアップ。

2014-12-22 Ver. 1.8.0
- ピンチイン・ピンチアウトによる画面表示サイズ変更の追加
- スワイプ操作による画面切換の追加
- 音声フォーカスの一時喪失の処理が誤っていた問題修正


ピンチイン・ピンチアウトによる画面表示サイズ変更の追加


これはユーザ様からの要望です。
メイン画面のタブ枠内で、縦方向のピンチアウト・ピンチイン操作を行うと、タブの表示領域を拡大・縮小します。以前の設定オプションの表示拡大を拡張し、段階的に出来るようにした形です。
Android画面の、上方向のステータスバー及び下方向のナビゲーションバーまで非表示になります。なお、Android 4.4より前のバージョンではナビゲーションバーを非表示にしても、画面をタップするとナビゲーションバーは復活しますが、これは仕様です。また、画面を横した場合はナビゲーションバーが横になりますが、その場合も操作は変わらず下方向の操作となります。…一々操作を切り替えるのは、作る側も操作する側も面倒臭いですから。

なお、このピンチイン・ピンチアウト動作については少し変わった動作をします。2本以上タップした状態で、上側の指を上方向に動かすと、上側のアクションバー及びステータスバーが非表示になり、下側の指を下方向に動かすと、下側のGUI及びナビゲーションバーが非表示になります。非表示になる順番を以下の図に示します。

ピンチズームで拡大・縮小する順序



ちなみに、最大まで拡大すると、以下のような感じになります。





スワイプ操作による画面切換の追加


これは、上記のピンチズーム動作の追加に伴うもので、メイン画面タブ内をスワイプすると、タブの切換が行われるようになりました。これは、ピンチズームで画面を最大まで引き伸ばすとタブが隠れるため、その際にタブ切換が行えるようにする救済措置的な意味があります。
…実はこのスワイプ操作、最初の公開前の開発段階で実装するつもりではいたのですが、作り方がよく分からず後回しにした経緯があり、やっと実装できたという感じです。実際、スワイプやスクロール、クリック、ピンチズームといった各種操作を細かく制御する必要があり、ちょっと難しかったのですが、何とかそれっぽく動くようにはできたと思います。

なお、この実装にはAndroidのサポートライブラリが必要だったため、このバージョンより「android-support-v13.jar」を追加しています。そのため、実行APKのサイズが350KBほど増加しています。
今まで使ってなかったのかと言われそうですが、使わなくてもさほど困らなかったもので。そもそも、どうしてViewPagerクラスがサポートライブラリにしか含まれていないのか、その辺の理由がよく分かりません。

余談ですが、スワイプ操作ができるようになった事で、何か凄くスマートフォンアプリっぽくなったなぁ、と個人的に思ってます。今までは何となく、Windowsアプリケーションの延長線ぐらいの感覚だったのですが。


音声フォーカスの一時喪失の処理が誤っていた問題修正


アプリの標準状態で、他のアプリで一時的な音声が発生した場合、例えばメール通知やナビゲーション音声が発生した場合、音楽再生が中断していたと思いますが、これはバグでした。本来、一時的な音声フォーカスの喪失が発生した場合、音量を下げる処理を入れるつもりだったのですが、これが永続的な音声フォーカスの喪失の処理となってしまっていました。
そのため、今までの状態はメールの通知等で音楽が中断される状態となっていたと思いますが、これが音量を下げるようになりました。


その他


現在、アプリに別の処理を組み込んでいます。実はもう9割ぐらい実装済みなのですが、公開はもう少し先になると思います。とりあえず現在は埋め殺し状態です。現状でも、別途アプリを入れると動くようになりますが…。
その辺の兼ね合いでバグが発生する可能性もありますが、問題があれば報告していただけると幸いです。


2014-12-09

Medolyの仕様書

1週年なので小話を一つ。

Medolyには仕様書があります、一応。作り始める前に、イメージを固めるために、画面のイメージを描いてみたものです。描いた時期は多分、2013年の8月頃だと思います。






…仕様書です。仕様書ですったら仕様書です。
見ての通り、適当な代物です。ちなみに、その時手元にあったやや広めの付箋紙に描いてあります。1枚目はメイン画面(下)と検索画面(上)、2枚目は検索画面の検索欄です。この時点で大体今のアプリのイメージは固まってました。
当時は検索画面のタブを下側に置くつもりでいたと記憶しています。
あと文字が読めないので分からないと思いますが、この時点ではメイン画面の再生キューが右側のタブ、プロパティが左側のタブになってます。色々あって左右逆転して今の形になってます。UIの設計は色々考えながら今の形になっているのですが、時間があればその辺もここで書いてみたいと思ってます。

そんな感じで、1周年の小話でした。

Medoly 1周年

Medolyは2013/12/8にVer.1.0がリリースされたので、昨日で公開から丁度1年経ちました。


Androidで始めて作成したアプリだったので、1年前のリリース時はかなり色々問題がありましたが、この1年で機能追加やら改善やらで大分自分の理想 のアプリに近づいてきたように思います。なお、現在のバージョンは1.7.6。内部的なバージョンコードは50で、1年間で49回バージョンアップさせて います。



お使い頂いてる方には何となく分かるかと思いますが、とにかく歌詞の表示に注力しています。理由は、そういう機能を重視したアプリがさっぱり見られないからです。無いなら自分で作ってしまおう、というのが開発を始めた動機だったりします。

近年、音楽の販売はどんどんCD販売からネットワーク販売に移行していますが、CDは必ずジャケット等に必ず歌詞がついてました。ところが、音楽配信サービスは多くの場合、歌詞がついてない。それが当たり前になっている。歌詞を見たいなら、広告がベタベタ貼ってあって、コピー&ペーストも出来ない歌詞サイトとやらを利用することになります。

もうアホかとバカかと。なんでそれで満足してんの?自分で買った曲の歌詞ぐらい自由に利用させろ。そもそも、最初から従来の歌詞カードの代用になるデータを寄越せよ。ってのが個人的な本音です。

そういう不満タラタラな状態だったのですが、以前より歌詞データの仕様については色々調べていたこともあり、とりあえずそれを実現可能な形にしてみたのがMedolyです。多分、現状Google Playストアにあるどんな音楽プレイヤーよりも対応してる歌詞の種類は多いと思います。あと、ライブラリ依存ですが文字コード判定もそこそこ高い精度でできていると思うので、英語しか出せないようなアプリが多い中、比較的多くの言語で利用できると思います。要するに、言語・種別問わず多くの歌詞が表示できるのではないかと思います。

そんなこんなで、本アプリはまだまだ色々追加したい機能や改善したい部分が多数あるので、これからものんびり開発を続けていきたいと思います。もしご意見・ご要望等ありましたら、遠慮せずに連絡いただけると嬉しいです。

ちなみに、現状で考えてる追加機能は、
  • プラグインによる機能追加
  • 歌詞の表示レイアウト調整
  • プレイリストのエクスポート
など。もう少し色々ありますが、大きなところはそんな所です。
プラグインは、歌詞やアルバムアートの自動取得等の機能も込みで。その辺はまだまだ先の話ですが。どう実装したものかと手探りなところがありますが、温かい目で見て頂けると幸いです。

そんなこんなで、これからもよろしくお願いします。